外壁塗装

まるごと遮熱塗装パック

遮熱塗装
まるごとパック
【プレオでは、塗料の質にもよりますが築15年を経過した住まいには塗り替えをおすすめしています】

特に暑い夏におすすめなのが
室内の温度上昇を抑え、電気代を節約にもなる
「まるごと遮熱塗装パック」です。
屋根や外壁はもちろん、破風板や軒天、雨どいなど標準構造体で塗れる箇所は全て塗り替えを行うプランです。 

屋根や外壁には塗膜(塗装)が施され、雨や紫外線から住まいを守る大切な役割があります。
しかし、塗膜には寿命(耐用年数)があり、新築時に使用される塗料は5〜6年、寿命が長い塗料でも10〜15年といわれています。
塗膜が劣化すると屋根や外壁が雨や紫外線を直接受けることになり、家の寿命を縮めてしまうので塗り替えが必要になります。

遮熱塗料のメリット

太陽に照らされている屋根の表面温度は、50℃~80℃にもなると言われています。
吹き抜けの家や2階建ての2階部分は、屋根からの熱が屋内に伝わりやすいため、夏場暑くて困っているという方も多いのでは?
遮熱塗装は、太陽光の熱の原因である遠赤外線を反射して表面の温度の上昇を抑えることができる塗料を使用しています。
今までの蒸し暑さを緩和できれば、エアコンの設定温度も抑えられ、電気代の節約にもなります。

なぜまるごと塗り替えるかというと、塗らないところが塗ったところよりも目立ってしまい、お客様ががっかりされることがたびたびあるからです。

「お客様に絶対に満足してもらいたい」という強い気持ちが、このプランには詰まっています。



外壁塗装施工事例

全景
今回のお客様は玄関ドアリフォーム、バルコニー交換、外壁塗装、玄関タイル工事と多種にわたりご依頼いただきました。
塗装後
賃貸のオーナー様で4棟の貸家をお持ちのお客様。だいぶ古くなってきたので屋根、壁とも塗装したいとのご依頼で、今回は2棟分の塗装を担当させていただきました。