久しぶりの更新です。
年度末に突貫工事でした。
年度始め・・・
またしても突貫工事でした。

さすがに最初の工事がハード過ぎた為、幾分か後の工事は余裕はありましたが・・・

なんで二連チャン?( ̄◇ ̄;

設備屋さんの当社担当からも『突貫隊長』の称号を頂いてしまいました。
ありがたく返上しましたけどね。

せっかく素晴らしい工事をさせていただいたので施工事例にまとめていきますが、少しだけ紹介させて頂きます。
IMG_0299
システムキッチン
LIXILのアレスタを採用しました。
KIMG09471
ちなみにこちらは夜バージョン。
KIMG09461
反対側から
大きめのカウンターを造作しました。
お客様の好みが反映されてまして落ち着いた色合いのキッチンです。
かっこいいなと思っても濃いめの色合いはイメージと違ったりする恐れがあるので
提案の仕方が難しいのですが、ショールームで実際に見て頂いて今回は決まりました。
P_20161223_115553_vHDR_On
ショールームにご案内したときの風景。
スマホで写真を撮られているお客様をさらに撮るという写真です。
盛りだくさんの工事でしたのでこれからも少しずつご紹介していきたいと思います。

本当にご無沙汰してしまいました。
目下工期に追われております。

現場が動いているのですが・・・
写真がアップできないでいました。
先にアップされちゃったりもありますが・・・それよりも

現場が大きすぎて完成形が見えない
(゜Д゜)

そんな中やっと入ったUBの写真がこちら
KIMG09241
養生されたままでした・・・
本的には金曜担当ですが、こちらの物件はこれから紹介したい場所が続々出てきます。
その都度紹介していこうと思います。
介護保険の補助金対象となる手すりの設置工事です。


着手前
取付前。。。


39d826177087d322847e6be5141957832
取り付けさせて頂いた後付用手すり

実際には取付後の写真も同じアングルで納めたいのですが・・・

はみでてしまいまして・・・

無念・・・
4ac0309ff11e52d373a5dcde6de5d864
こちらはお客様の移動される動線をたどって手すりを配置
取付前の壁です。
tesuri
こちらが取付完了写真です。

・・・なんとなくガッチリした感じが伝わりますか?

手すりは体重がかかりますのでしっかりした下地が必要
しかし壁の中が見えない
後から付けようとしますとどこに柱があるかわからなかったり
欲しいところに無いときもあるのでリフォーム用の手すりは
前もって板を取付けるんです。
カタログ
下地を取付けておくことで安心してお使い戴けます。
実際に手すりをお使いいただくことでお客様からは移動が大変楽になったとお話しいただく事があり、
うれしいかぎりではありますが、私としてはできるなら・・・ちょっとでも必要性を感じてきたら・・・

早めにつけていただきたい。

家の中での事故を防ぐのにも効果的という観点からお勧めしています。

『あっ!!』
と思ったときに、手すりがあったら・・・

これからの年末年始
ご自身またはご一緒のご家族のためにも手すりの取付などご検討いただいてはいかがでしょうか?

ちなみに今回の手すりはPanasonicさんのリフォーム手すりを使わせていただきました。
ちょっとしたことですが気に入ってる点がありましてオススメしております。
詳しくはまた次回に
メタセコイア1
当社の中で一番背の高い樹。メタセコイアといいます。

だいぶ色づいてます。
例年、この樹の落葉が一気にくるんです。

葉の大きさ自体は小さいんですが、量が量だけに・・・
メタセコイア2
こんな感じで葉っぱが落ちました。
もう・・・朝の掃除の時間で95Lのごみ袋がぱんぱんになります。

いやいや・・・
今年もこの掃き掃除の季節がおわったぁと思ったら。
KIMG0847
さらに無くなってた

当社スタッフ安田君が剪定してくれていました。
リンク貼ってありますので是非スタッフ紹介で彼の写真もご覧下さい。
仕事のできる男です。

実際最初の写真ですと電線にかかりそうな勢いでしたのでね。

樹の種類によって剪定に適した時期がありますが、葉がいっぱいついてる状態ですと
落とした枝のボリュームがすごい多くて処分が大変です。
冬の時期寒くて大変かもしれませんが、庭仕事がやりやすいものもあります。
春に新しく芽吹く時期の為にもお手入れなどされてはいかがでしょうか?

これから庭造りをお考えでしたら・・・

最近お客様からシンボルツリーを設けたいという方が大半を占めています。
なかなかお手入れも大変なのでメインになる一本に力を注ぎたい。

それだけに後悔のないものをご提案したい

そんな気持ちの私としては最初に樹形や花だけではなくお手入れのお話もさせて頂いてます。
また落葉樹に関しては葉が落ちた後の印象などもご説明しています。
KIMG0864
ヤマボウシの株立ち
シンボルツリーとして人気あります。
KIMG0865
こちらはアオダモの株立ち
木肌がきれいですね。冬でも趣きがあります
ちなみに当社阿部君が夏ごろアップした写真はこちらです。
カタログに載っている写真は青々とした時期の姿ばかりです。
是非、カタログには載っていない冬の姿もご覧にいらしてください。
四季を通してよかったと思えるものをスタッフ一同ご提案させていただきます。


あ・・
メタセコイアは、一度敷地を見せていただかないとお勧めする事はないかもしれません。


先日、お客様からいただきました・・・
KIMG0816
幸福朗 (≧▽≦)
秋田のお土産でして、菓子園中野屋さんの商品

かわええですね。

それなのに・・・
KIMG0817
なんかすみません。(´д`|||)


モナカのサクっとした食感とサブレのうまみ、アーモンドの香りが口にひろがります。
フクロウには申し訳ないのですがとっても美味しかったです。
T様ありがとうございました。
建築の現場では今でも尺貫法の寸法が多く用いられています。
皆さん1尺って何ミリかご存知ですか?


1尺=303mm
1間=6尺=1818mmまたは1820mm
そして面積になりますと1間×1間で1坪(ひとつぼ)となります。

住宅でメーターモジュールと言われる造りがあります。
1m=1000mmをひとつの基準に考えて間取りを作ります。

これに対して3尺=910mmをひとつの基準に考えて間取りを作ると
尺モジュールとなります。

ですので、カタログを見る際にもご自分の家はどちらなのか確認されておくと良いですね。


テラス屋根をつけてみよう

7c38bfa12ecf820f6bb879a5815db513
このようなテラスをつける際に寸法が合わなかったらマズイですよね。
そこでメーカーさんは既存の住宅に合わせて商品をちゃんとご用意してくれてます。
58f22fd0340d2d9bea8e41d2784c3776
関東間と言うのが尺モジュールのものですね。
間口と出幅がありますが、基本的には間口だけが違っています。
テラス屋根をお考えの際は金額も変わりますのでご注意下さい。

今回ご紹介したのはこちら
e8fb94e25da5e808d10b943253a86652
LIXILさんのテラス屋根スピーネ

ご参考にしてみて下さい。
皆さんは神社ってよく行かれますか?

初詣?
お祭り?
合格祈願?

いろいろ機会はありますね。

今回私が参拝したのがこちら

KIMG0775
古峯ヶ原古峯神社

こちらでご祈祷いただきました。
KIMG0773
こちらでは日本武尊(やまとたける)をお祀りしつつ
KIMG0771
天狗の杜として天狗様もお祀りしています。
KIMG0776
立派に色づいた紅葉を見て
KIMG0777
そばを流れる川のせせらぎに心洗われるようです。
KIMG0774
ご祈祷いただき帰る参道は気持ちがいいものです。
しかし中の一部屋一部屋が大変大きく何百帖とあります。
別の参拝客の方々、特にお子さんが嬉しそうに何帖あるのか数えていました。

生活スタイルの変化と言えばそれまでですが、
もっと畳のある空間をご提案したい。そう思います。

0969a1792a75c9a5be6b3c4f3716e424
洋室と隣り合ってもよし
98700a061e577e76cab4e7aa51fd523f
家族の集まる場所だけタタミスペースとして
ちなみに今回ご紹介しましたタタミは


たたみおもての材料が従来のい草ではなく【和紙】を加工したものです。

タタミは昔から使われてきた日本の風土に合った建材だと私は思います。
もっと自信をもって提案したいですね。
以前にもお話しました
住宅ストック循環支援事業

YKKapさんTOTOさん主催の説明会があり、参加してきました。

公的な説明会は10月末に仙台であったのですが、
あいにく都合がつかず行けなかったので助かりました。ありがとうございました。
KIMG0778
プロジェクターの映像見ながらの講義

自分的には質問なんて受け付けてくれるとありがたいなぁ・・・
なんて思ってたんですけどね。

実際にやってみないとわかりませんが、特別に難しい点はないものの、
エコポイントに比べるとどうもお施主様に普及しづらいように思えます。

エコポイント・・・

住宅ストック・・・

呼びづらい?


総額250億の予算。大事に活用したいですね


当社では月二回のペースで食事会を開催しております。
その意義はいろいろとあるのですが・・・
実際に食事を準備する際に大事している事は

時間通りに段取りよく

予算内にコストもよく

そして何より

美味しく
(これが一番大事なんですけど)

今回食事会の担当させてもらってましたのでこの機会にご紹介したいと思います。





DSCF4603
タマネギ・パプリカを炒めてますね
DSCF4606
こちらではご飯の盛り付け前にお皿にラップをかけてます。
洗い物の負担軽減に一工夫です。

DSCF4611
目玉焼きも大量製作
DSCF4613
お肉も入って最後の味付け
塩こしょうのふた・・・
外れてんですけど・・・
DSCF4605
笑顔ですね・・・
えーと・・・
作業のお手伝いは・・・
DSCF4608
こちらは汁物を準備中・・・
主菜と比べだいぶ余裕があったんですね。

最後にみんなで盛り付けしまして
完成がこちら
DSCF4614
ガパオライスです。
写真にはないですが汁物として水ギョウザの入った春雨スープも作って頂きました。
今回・・・なぜガパオライスなのか・・・
それは・・・

珍しいと思ったから。(≧▽≦)


自分が担当ですと、どうしても評点低くなっちゃうんですよね・・・
なので、味に関しては内緒です。

このような感じで社員で交流を深め、団結を図っています。
吾妻山にも雪が降りましたね・・・
寒さが深まって参ります。

寒さと共に感じられるのがサッシの断熱性能の違い。

窓につく水滴や窓際のひんやりとした空気。
嫌ですねぇ・・・

そんな時こそ窓のリフォームはいかがでしょう。

前回、YKKさんのCMをご紹介しましたので、今回はLIXILさんの商品をご紹介。




LIXL リフレムⅡ

8dfcc68b853520c36fcf459b7318aa16
カバー工法と言いまして、壁を壊さずにサッシの交換が出来ます。
費用もありますが、交換がスムーズにできるのが嬉しいです。
寒い時期のすきま風が嫌ですし、空けたままでは不用心です。早くできるというのはいろいろメリットがありますね。

LIXIL インプラス

2e25da8baad67c35194e78a5d7a5c4c7
こちらはもう一つ窓を中に設置するタイプ。
お求めやすいのが魅力です。
難点としては、窓を二回あける必要があるという事ですかね。
断熱効果だけでなく防音効果もあります。
大通りに面している方にもおすすめしたいです。


それ以外にも窓の断熱効果を上げる方法はあるかと思いますが、おすすめしやすいのがこの二つの工法ですね。



さて、ここからが本題です。

cda6bc08e54f5f51f513f2786a4d7a43
今月1日から

住宅ストック循環支援事業

が事業者登録開始となりました。


以前エコポイントという補助事業もありましたが、同様にエコリフォームまたは耐震改修などにも
一定額の補助金が支給されます。
それ以外にも中古住宅購入、建替にも該当します。


あんまり報道でも聞かないのですが、せっかく工事をするならば

もらわない手はない



ぜひ下記HPにて詳しい内容などご覧になってみてください。
詳細はまだ変更される可能性もあるようです。








窓に求められるもの。
それは、光を取り込むことだったり、風を取り入れることだったり・・・
そして最近ではピクチャーウィンドウとして景色を取り込む為に配置したりします。

窓のそばには居心地の良い空間がある。

そんな生活をご提案できたらいいなと思っています。
KIMG07271
当社デッキそばの窓からの風景。
ゆったりした時間を感じられます。

早いとこ仕事しなくちゃいけないんですけどね。
KIMG07251
こちらは日曜日にコーヒーを飲みながら撮った写真。
写したのは東北福祉大学仙台東口キャンパス。
試験会場だったんです。

コーヒーは美味しかったんですけど・・・
試験前の余裕の無さが写真からにじみ出てきますね。
本当は、現在進行中の現場から見える風景をご紹介したかったのですが、
ビニールで汚れないように養生してあったのでご紹介出来ませんでした。
また別の機会にアップしますね。

最後に窓つながりで・・・


YKK APさんの窓のある風景・・・
最近お気に入りのCMシリーズです。

 

 

初投稿となります。
リフォームスタッフではありますが、当社の展示場は緑がいっぱい。
季節の移ろう様もご紹介させていただきます。
KIMG0725
ざくろの実が膨らんでいます。
KIMG0726
説明書きも木に縛っています。
KIMG0727
すぐそばにあるカリンの木。
今年は数少なめですねぇ。
KIMG0728
こちらも説明書きがついてます。
花や紅葉と言ったものは提案しやすいところですが、こういった実のなる樹木も楽しみやすいですよね。次回は窓から切り取った風景をご紹介したいと思います。