地鎮祭ってご存知ですか?

こんにちは\(^o^)/
プレオの小山です。
8回目の投稿です。

先日、弊社の紹介で物件を購入されたお客様のご自宅で
「地鎮祭」が執り行われました。
ポカポカ陽気で、空は雲ひとつない青空という
抜群のコンディションの中、行いました。
(私、、、あ、いや買主様の日頃の行いが素晴らしいのでしょうね)

ところで・・・
みなさん、
地鎮祭(じちんさい)ってご存知ですか?
私は、今回初めて地鎮祭に参加しました。

実際に地鎮祭に立ち会うことって、普段はなかなかないかと思います。
なので、少しだけ説明しますと・・・

地鎮祭とは??


土木工事を行う際や建物を建てる時に、
「工事の安全と建物や家の繁栄を祈る儀式」のことを言います。

地鎮祭
「じちんさい」と読むことが多いようですが、
「とこしづめのまつり」と読むこともあるそうです

神職さんをお招きしまして、神様に野菜や果物、乾き物などをお供えし、
祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬入れを行い、工事の無事を祈る儀式のことです。

準備
弊社の社員がしめ縄に紙垂(しで)をつけて準備している様子です
神主様
工事の安全を祈ってくださいました
鍬打ち
鍬初の様子です
お供えもの
りんご、バナナ、大根、白菜、するめ、昆布などをお供えしました
余談ですが・・・

初めての鍬入れのときに、
「エイッ、エイッ」という掛け声のもと鍬を入れるのですが
これには
「永遠の永」という意味もあるそうです!(※ダジャレではないですよ!笑)



そして、最後は、全員でお神酒をいただきました

供えもののお神酒や神饌をいただくという意味で
「直会の儀」(なおらいのぎとも言うそうです。

12月半ばから工事がはじまる予定です。

また随時ご紹介いたします~

12月に入り、あちらこちらでイルミネーションの点灯式が・・・♡
寒いのは嫌ですが、なんだかワクワクしてきますねっ

次回はプレオのイルミネーションを紹介しまーす!


年末にかけて、お酒を飲む機会も多いかと思いますが、みなさまお身体に気をつけて