西日本豪雨災害で考えること

こんにちは
営業の石郷岡です。

連日、ニュースで報道されている
「西日本豪雨災害」
実際の状況は現場にいる人しか分からないけど
色んな情報から「今、私たちに出来ることは何だろう?」
と考えます。

今、そしてこれから一番問題になってくる事
と共に考えたいと思います。


まず「ゴミ」の問題です。
被災地で使えなくなった家電製品や食器、家具など
大量の「災害ゴミ」が空き地や学校の校庭、また庭先や
道路に置かれています。
道路に置かれた物は道を塞いで、緊急車両の通行にも
支障をきたしています。
道路が分断されて所々で渋滞があり時間がかかる。
マンパワー不足も手伝って
これらが解消するのにも
時間がかかりそうです。

また、人の「善意」によって集められた大量の「物資」
災害直後の人手不足によって仕分けが出来ず「物資の洪水」
になってしまっているようです。

今、必要なのは何か?
刻一刻と変わるニーズの変化に合わせた救援物資が求められます。

もう足りているものがどんどん送られてくる。
ナマモノ・賞味期限が迫ってきているものを送ってくる。
使用済みの下着や洗っていない服。などなど・・・

大切なことは「送りたい」ものではなく「今、必要な物」
最新の情報をとって対応したいものです。


「人」
被災地には沢山の「人」が集まります。
ボランティア活動が活発になっていることはとても
良い事だと思うが、中には「装備もないままに来てしまう人」
も多いとの事。良かれと思って参加しても逆に負担になって
しまうようでは本末転倒。
事前に何が必要かHPなどでチェックし用意して行く。

一番いけないのは「中途半端なまま現地へ行ってしまう事」
食料の確保・ゴミ出しなど含めて自己完結出来ないと、
かえって邪魔になってしまいます。

良かれと思ってもやり方を間違えれば迷惑になってしまいます。
まずは事前にしっかりとリサーチしたいものです。


最後は「お金」
募金は時間の経過とともに減っていきます。
誰しも力になりたいと思っても思う様に出来ないことが
多いのではないでしょうか?
中途半端な支援しかできないのであれば「募金」
も重要な支援だと思います。


Yahoo!基金 Tポイントを使って1ポイントから寄付出来ます。
LINE LINEポイント・LINE Payで出来ます。
Paymo(ペイモ) 被災地応援イラストを購入した売上金を支援。
日本赤十字社 ゆうちょ銀行・メガバンクで義援金受付。
気軽に出来るものもあります。詳しくはHPで!


この様に、被災地には大量の泥や水やゴミだけでなく
「人」や「物資」や「お金」など様々なものが流れて
行きます。これらの「想い」を「大量のゴミ」にする事のない
様にみんなで考えなければならないと思います。



では
また