福島の芋煮

こんにちわ!
営業の石郷岡です。

芋煮の秋
全人類が山形の「日本一の芋煮会フェスティバル」に参加して
とっくに帰ってきた時期です。
私の様な堕落した人間は、くさしして

終わっちゃったし、寒いので家でやればいいじゃん!
ってことで。
(このフレーズもういいよね。冬になるし・・・。)



先日、TVの「秘密のケン〇ンショー」でやってた
「激突!東北芋煮合戦 王者山形vs宮城vs福島 真の芋煮王国はどこ?」を見て福島の芋煮がすこぶる好評。
出演者の多くが「福島のうま~い!」と大絶賛 
食べたくなり、作ってみました。




芋煮 福島バージョン
TVでやってたのは3県の具材と味付けの違いを紹介していて
簡単に言うと

山形県:里芋・白こんにゃく・牛肉・長ネギで醤油ベースの味付け。
宮城県:里芋・白菜・豚肉・大根・人参の具沢山で味噌ベースの味付け。
福島県:里芋・豚肉・その他野菜・大量の茸類で醤油&味噌のWスープ。

って感じ。


でも、
自分が子供の頃に芋煮会でのやつって、こんなんだっけか 

と・・・。あんまり茸って入れなかったし、結構シンプルだったような 

で、物は試しでTVに忠実に作ったら・・・。
うんまいんじゃない 

茸はちょっと少なくなっちゃったけど、
エノキ・シイタケ・マイタケ・なめこ入れました。
なめこと里芋のヌルヌル感が良く合い、
こんにゃくも白と黒2種類混ぜ
醤油と味噌のWスープで味にコクと深みが出ました。


私が小さかった頃の芋煮会は
芋煮というよりバーベキューに近く
シンプルに芋煮るだけではなくて何でもあり
みたいな感じでした。

だんだんとその様な催し物も様変わりしていくんですね。
今では「芋煮」「フェス」が融合したかのような
「風とロック芋煮会」みたいなのもあるし。

一つのイベントをいかに楽しくするか?
進化していく芋煮の味と共に
来年はくさししてないで、出かけてみようかと思います。




ということで
今回のちょっと
便利なお話し。



クッキングシートで大量おにぎり

今は素手でおにぎりを握ることが少なくなり、
衛生面でサランラップをつかった握りが多くなってきました。
でも、ラップだと一回使うと、ヨレヨレになってしまい
繰り返し使うのが大変!
その都度、ラップ敷いて、めんどくさくなって
イライラ・・・。


そんな時はラップの代わりにクッキングシートを使いましょう。

こんな感じ 

クッキングシートでおにぎり1
クッキングシートにご飯半分のせて
お好みの具材を入れます。
その上にまたご飯をのせ。
クッキングシートでおにぎり2
後は握るだけ~!
クッキングシートでおにぎり3
塩ふって、海苔まいて出来上がり。
後は繰り返し、このクッキングシートを使えばOK!



沢山おにぎり作って出かけましょう!
良かったら試してみて

では
また