五輪テストジャンパー

こんにちわ
営業の石郷岡です。

「平昌オリンピック」始まりましたね
毎日、日本選手の活躍が気になり
つい遅くまでスポーツニュースとか見て寝不足気味です。
先日もフィギュアの羽生選手・宇野選手が
「金」「銀」とってメダル獲得数も歴代最多に迫る勢いです。

そんな中
あるTV番組でこんな「感動秘話」を紹介していました。



スキージャンプ原田
長野五輪スキージャンプ団体、金メダルの裏話です。
←このシーン見た事あるかと思います。
原田選手が飛んだ後、最後のジャンパー舟木選手が飛んで見事逆転で「金」に輝いた時のコメントです。
「俺じゃないよ みんななんだ みんな」この言葉は選手として飛んだ4人の事だけではなく、もう一つの意味が隠されていました。

私も初めて知ったのですが、スキージャンプ競技には
「テストジャンパー」という裏方の存在があって。
この長野五輪でも25名の「テストジャンパー」が招集されていました。
長野五輪テストジャンパー
競技の前に飛ぶジャンパーで試合前に安全に飛べるか?
スタートの位置を決めるために飛んだり、競技中に雪が降った場合、飛距離を保つためにジャンプ台の雪を何度も飛びながら踏み固めたりして、安全に競技が出来るようサポートする裏方さんです。長野でも高校生や代表落ちした選手などオリンピックに出られなかった選手で構成されていました。

その中に、前大会リレハンメル五輪の時に原田選手とメンバーになっていた西方選手がいました。
この大会では原田選手がジャンプを失敗して金メダルをあと一歩のところで逃してしまい「銀」に終わったのですが。
四年後の長野五輪メンバーからは外れてしまい、「テストジャンパー」として参加していたんです。


本来、この場にメンバーとして俺がいたはず・・・。
そんな複雑な心境で迎えた長野五輪。
一本目のジャンプを終えたところで、天候が荒れて二本目を再開するか中止するか?のジャッジを協議していました。
この時点で日本は4位につけていて、二本目中止になればこの時点での順位が確定されてしまい日本はメダルを逸してしまう状況。皮肉にもその時の競技委員は日本の他、メダル圏内の3か国で構成されており3か国の競技委員は当然メダル確定の為中止に話を持っていく雰囲気だったようです。唯一日本だけが再開を求めるが、他の競技委員は安全に再開できるか「テストジャンパー25名」がそれなりの飛距離で飛べば認める。となったんです。


大吹雪の中のジャンプ。かなり危険を伴う上、失敗ジャンプが許されないプレッシャーの中、25名の選手が次々に飛んで再開への望みを繋げていきます。
そこには観客の歓声や拍手などはなく、皆黙々と飛び続け24名は見事に自分たちの仕事をやり遂げます。
そして最後はあの西方選手でした。彼には特別に代表選手並の飛距離を出せば再開を許可するというもので、本人には知らされていなかったのです。天候も益々激しくなっていく中・・・。



なんとK点越えの
123mを記録
大ジャンプを見せ競技委員を納得させて競技再開となりました。


一本目を失敗ジャンプで終えた、原田選手に対して西方選手はこう鼓舞しました。「俺たちは自分の仕事をやったぞ!次はお前の番だろ!」と。

こうして日本チームは二本目1番手岡部選手・2番手斎藤選手がK点越えの大ジャンプをして原田選手に繋げました。
その結果、



原田選手は見事137mの大ジャンプを見せトップに躍り出ます。
ふなき~

この名場面
最後4番手の舟木選手の登場

「ふなきぃ~
祈るようにジャンプ台の舟木選手を見つめながら言うセリフ。

この時点で日本が「金」をとるには115m以上が必要でした。
が、



結果は
125m
見事日本チームに「悲願の金メダル」をもたらしました。

西方さんは「リレハンメルの銀」より「長野の金」の方が感動したとコメントしています。
原田選手の
「俺じゃないよ みんななんだ みんな」という言葉の裏には、テストジャンパー25名メダルを取らせるために動いた人達の分も含まれていたんです。


オリンピック選手として選ばれ良い成績を残せば、その人にだけスポットライトが当てられ取り上げられるけど、
その陰で選手を支え、自分の思いを託し、献身的な仕事をしている人達がたくさんいることを忘れたくありません。

どんな状況でも、自分に課せられた仕事を愚直にひたむきに取り組む姿勢は見ている人の心を動かせるんだなと感じます。

まだまだ、オリンピック競技が続きます。
選手の活躍を見守りつつ、

あっ今、
スピードスケートの小平選手が金メダル取りました~



そんなんで
自分もがんばろーと
誓う今日この頃でした。

では
また