スマートメーターって?

こんにちわ
営業の石郷岡です。

外回りをしていて、暑い日が続くと日陰や自販機を探し回ることが多くなります。
自販機もいろいろで値段もいろいろ。
安いとこだと50円なんてとこも

そんな中、こんな自販機を発見しました。

各地の珍サイダー自販機
こちらの自販機は以前、テレビの「ナニコレ珍百景」で紹介されたという
「各地の珍サイダー」という自販機です。

場所は写真にも書いてあるので分かるかと思いますが
「北緯37度47分・・・。東経140度23分・・・。にあります。

ざっくりと言うと
福島市庭坂と大笹生の間くらいの農免道路沿いに現れました。

「珍しい物好き」の私は格好の餌食となり
コインロッカー式のお金投入口へ躊躇することなくお金を放り込みました。

珍サイダー1

かわいいでしょ
マンゴー・洋ナシ・ライチー
色が綺麗だったので、
部屋に飾っておけるかと思い。

賞味期限は残念ながら切れてました。
(それっていいのか
自販機

中はこんな感じ。
レトロ感のある物や
雰囲気やデザインにこだわったもの
珍しい味のもの
などなど。
見ていても楽しい自販機です。




他にもこんなラインナップが


珍サイダー2

珍サイダー3

珍サイダー4

でも、こういうビンのデザイン物って、なかなか封を切って飲めないんですよね。
以前、家にも「年代物のコカ・コーラ」があって、結局飲まずにどっかに行ってしまった。
お酒やワインもどのタイミングで封を切るか、迷ってしまう方の多いのでは?



では本題。
今回は?
スマートメーターについて。
最近はスマートフォンやらスマートハウスやら
やたらと「スマート〇〇」っていう言葉が流行ってるんでしょうか?
何事も「スマートに」が主流のようです。

皆さんは電力量計メーターが切替わってきていることをご存知ですか?
以前は「円盤型」の物から➡「デジタル」に替わって来ています。

before
円盤型メーター
こちらは以前の「円盤型メーター」
オール電化の様な深夜機器が入っているところはデジタル式になっていますが。
円盤が回転して電力量を計量していきます。決して逆に回転はしません。

arrow_left
after
スマートメーター
こちらが噂の
「スマートメーター」です。
デジタル表示になっており、表示が10秒ごとに変わって「電力使用量」・「売電量」が見ることができます。
そしてスマートメーターの最大の特徴は?

「通信機能がついている」という点です。
この通信機能を使って、電力会社との双方向で情報のやり取りができるんです。
今は「新電力会社」も登場して来て、電力会社を自分で選べる時代になりました。
電力会社は様々なサービスを武器に顧客を増やそうとしています。
そのサービスを可能にするためにもこのスマートメーターは必要となってきます。


例えば

■スマートメーターの通信機能を使ってお客様の使用電力量をリアルタイムに(30分ごとに)
  お客様のスマーフォンやパソコンにお知らせしてくれる。

■これにより電力会社がお客様へ最適な電灯契約プランを提案してもらえる。

■お客様の家電製品とリンクさせてそれぞれの電力消費量を見える化させて省エネを促す事 が出来る。

■遠く離れた高齢者の電気使用状況をウォッチして「見守り支援」をしてもらうことが可能にな る。
   などなど。


電力会社ごとにサービスの内容は異なりますが(まだ実現できないものもあり)
スマートメーターで暮らしが大きく変わる可能性を秘めたものです。

国としても2020年代には全てのお宅にスマートメーターを設置するとの事ですので
今後は電力需給のみならず、福祉・介護・医療・セキュリティなどの分野で幅広く活躍することでしょう。


それではまた