家族の成長と家の劣化の関係

ブログ火曜日担当ですが来週は出張でいないので早めにアップします!!

見出しに
七五三と入力しようとしたら父誤算と入力されていました。。。

本日の健康診断で血圧が160とでてきて動揺しているようです。
何事も健康第一ですね。。。

ということで見出しは変更しました。



七五三
最近は兄弟でタイミングを合わせるケースも多いという(例:ひとりは満年齢、もうひとりは数え年)お祝いする年齢を守らなければいけないという決まりもないということなので兄弟(上3歳、下2歳)まとめて写真撮影してきました。

親ばか全開で凛々しい我が子に感無量(´;ω;`)ウゥゥ

これからも元気に成長を願うばかりです。

ここからは仕事の話です。

子供の成長は嬉しいものですが子供の成長に伴って家は徐々に劣化して行きます。

物の古さは我慢すればいいですが「白蟻」の被害は我慢しようがありません。


シロアリ被害①
家の土台部分を食われています。

普通に住んでいても分かりませんが分かった時点では大規模な補修工事が必要になります。

シロアリ被害②
上記の画像は蟻道です。


シロアリ被害③
上記の縦線も蟻道です。

白蟻は美味しい木を求めてコンクリートも食べて上ることもあるそうです。

凄い執念ですね。。。。

一般的なシロアリ駆除・防除の施工方法

シロアリ対策の流れ
シロアリの防除方法は2種類あります。

①既存の建物に対して行う防除処理
②新築時に事前に行う予防処理


既にお住まいの建物でシロアリが発生した場合は、シロアリ駆除と食害被害の拡大防止、木材腐朽を防ぐ処理を行います。
シロアリの多くは地中から進入し、土壌内に巣を作るため、建物の基礎周辺やシロアリの通り道に専用の薬剤を散布します。これを土壌処理と呼びます。
合わせて、建物を構成する柱などの木材表面にシロアリ防除用の薬剤を散布し、シロアリによる木材への食害被害を防ぎます。これを木部処理と呼び、通常この2つの工程を行います。

シロアリによる木材の食害腐朽は放置しておくと家屋の劣化に繋がります。

シロアリ対策もプレオまでご相談下さい!!