照明

こんにちわ!
石郷岡です。

突然ですが、最近大変ショッキングな出来事が起きました!

これがもう食べられなくなってしまいました!

だいもんじ納豆
なっとうです。
これ、だいもんじ食品さんの「大粒なっとう」

今月の15日をもって製造元のだいもんじ食品さん
震災後の風評被害以降売り上げが低迷しており、今後の回復が見込めないという理由で
製造をやめてしまいました。

だいもんじ食品さんは創業1936年、かれこれ80年以上もやってきた会社です。
数々の品評会でも多くの賞を受賞してきた会社です。

中でも私はこの「大粒なっとう」が大好きで、
北海道産「大袖振大豆」(青大豆)を使用してます。
ほんと、粒が大きいので豆本来の味がするんです!
そして「糸引き」がいいんです!
糸引きがいい!っていう事はうまみ成分が多く出るって事。

これがもう食べれないなんて・・・。(食べれないと思うと無性に食べたくなります!)
しばらくは「だいもんじロス」が続きそうです。


さて、気を取り直して
今回は「LED照明」についてお話ししますね。

当社でも毎日照明をつけていますので、LED照明に切り替えて
省エネに努めています。
だいぶ電気代が削減されました。


LEDライト
でも、LEDってなに?
と思う方もいると思うのでちょっとLEDについてのお勉強を!


LEDとは

Light Emitting Diodo(ライト・エミッティング・ダイオード)の頭文字をとっています。
日本語では「発光ダイオード」といいます。
これは電気を流すと発光する半導体の一種で、
物質に与えた電気エネルギーが直接光に変わる。という事で。

ものすご~く端折って、
分かりやすく、言うとこうゆうことです。

ppap1
半導体に~
電気を~
んっ~!ってやると!?

ppap2
 って事です。
分かりました?
イメージは出来ましたよね。



そんなLED照明の最大の魅力は電気代が大きく削減出来る。
蛍光灯:48w➡LED:11.9w(75%OFF)
水銀灯:440w➡LED:125w(72%OFF)

他にも
たくさんのメリットがあります。

一般的にはLEDは40,000時間以上の長寿命の為、
店舗や施設などの長時間点灯しなければいけない所、
またランプ交換のしにくい場所には適しています。

蛍光灯タイプの3.3倍
白熱灯タイプの25倍以上の長寿命!

交換の頻度も少ないのでメンテナンスも楽ですね。
赤外線をほとんど含まないので熱の発生が少なく、冷房空調電気代も軽減!
LED・・・約35℃~45℃
蛍光灯・・・約70℃~80℃

LEDは衝撃に強いポリカーボネート材を使用。
従来の蛍光灯のようなガラスを使っていないので割れる心配はありません。
地震の時でも安心ですね。
よく、蛍光灯が古くなるとフリッカーといってチカチカちらつくことがあると思います。
LEDは指向性が高く、ちらつきがほとんどなく、目への悪影響もありません。
他にも
「虫がよってこない」・・・紫外線をふくまないので。
「CO2の削減効果がある」
「色合いのばらつきがない」等々
沢山あります。

逆にデメリット
商品が蛍光灯に比べると高い
湿気・高温に弱い
電気配線工事が必要になる。
くらいですかね。



また、よく省エネの為に蛍光灯を間引いて本数を減らすのは注意が必要です。

間引きの基本的な注意点
照明を外しても安定器の劣化は進みます。
間引き前よりも多い電流が流れる商品があります。
間引きが不向きな照明器具があります。
通常作業の場合、150ルクス以上必要となります。
非常灯は間引きできません。
つまり、間引きしてもあまり効果がないと考えた方が良さそうです。





最後に一般家庭でLED電球に替えるときに知っておいたら便利な事です。
ワット数=ルーメン数の目安
3fdae3959403e10212c52e1b2c0d650f
LEDの明るさの単位はルーメン(lm)が一般的です。
ルーメンの値が大きいほど明るくなります。
交換の際には目安にして下さいね。


工事の様子はこちらもどうぞ!

それでは今日はこれまで
NVL9tigo
昨日は、プレオ郡山店で、エコライフ講座が開かれました。 
何かと話題の太陽光発電、そして、スローライフについて私もお客様と一緒に聞いていましたが
とても勉強になりました。
yrqRkV1c